オンラインと絵画教室ってどっちがいいの?それぞれの特徴を比較!

目次

オンラインと絵画教室どっちが良い?

i-MY(あいまい)

皆さんこんにちは、管理人の花影-kaei-です。

“上達の為に講座を受講したい!”

けれど、オンラインと教室どっちを選べばいいの?とお悩みの方もいるかもしれません。

今回は2つの違いや特徴について語っていきたいと思います。

教室や講座選びの参考になれば幸いです◎

この記事はこんな人におすすめ

  • オンラインと絵画教室で迷っている
  • どちらが向いてるか分からない
  • 上達したい

オンライン講座の特徴

オンライン講座
  • どこでも受講可能
  • 通学する手間がない
  • 人見知りにも◎
  • 自分のペースで学習可能
  • ジャンルが豊富
i-MY(あいまい)

私は過去パルミーと油絵のオンライン講座を受講した事があります。

やはり一番の強みは自分のペースで受けられることですね。

通う必要がないので好きな時に好きなだけ受けることが出来ます。

仕事が忙しくて..予定がバラバラ、なんて方にもオンライン講座はおすすめです。

特に人見知りの方にはかなり学ぶハードルが低いのではないでしょうか?

そして、絵画教室に比べてジャンルもかなり豊富です。

トップクラスのイラストレーターや講師の授業を受けられるのがオンライン講座の強みです◎

デメリットは?

デメリット
  1. 意思が弱いとサボりがち
  2. その場での質問がしにくい
  3. アナログ画は添削が難しい

やはり、計画立てて進めるのが苦手なタイプはついサボりがちになってしまいます。

質問も直接聞ける絵画教室と違い、時間差が生じやすいです。

特にアナログ画だと添削の提出が大変だったり、写真写りなどなど。

デジタルイラストに比べ、描いた絵そのものを見せるのが難しいです。

絵画教室の特徴

絵画教室
  • リアルタイムで質問が出来る
  • 添削やアドバイスが貰える
  • 直接学ぶことができる
  • 同じ趣味の友達が出来る
  • 切磋琢磨出来る

絵画教室の1番の特徴といえばリアルタイムでの学びです。

その場で先生に聞く事も出来ますし、的確にその時必要なアドバイスを貰うことが出来ます。

そして、同じ趣味の仲間が出来るので切磋琢磨し合うことが出来ます。

毎週通うことで普段からより絵を描く機会も増えるので上達スピードもアップ。

“描く”環境が揃っているので意思が弱くても描く事が習慣になりやすいです。

その他、コンテストや展示会にも出品出来たりもします。

i-MY(あいまい)

展示会などは個展を開きたい人にも良い経験になりますね◎

デメリットは?

デメリット
  1. 通う手間がある
  2. 先生との相性要素が大きい
  3. 金額が高め

やはり、通う時間や手間が掛かってしまう所が大きいですね。

画法によっては結構道具を持ち歩いたり(特に油絵)場所が遠かったりと何気に大変..。

そして、先生との相性もあります。

“見て学べ”というタイプの先生はあまり教えてくれなかったりということも。

オンライン講座のように一から10まで教えるのと違い、描きながら不足の部分を教えるという形が多いです。

大体月2〜4日で5000〜2万が相場なので内容や時間だけならオンラインの方がコスパ良しな部分も◎

i-MY(あいまい)

ジャンルもデッサンや水彩などアナログ画が多いです。

向いてるのはどっち?

絵画教室オンライン講座
デッサンなどアナログ画がメインデジタルイラストがメイン
通って学びたい場所に囚われず学びたい
仲間と学びたい一人で気ままに学びたい
じっくり学びたいコスパ良く学びたい
リアルタイムで学びたい好きな時に自分のペースで学びたい
展示会やコンクールに作品を出したいSNS中心にイラストを上げたい

まとめ:それぞれ違った良さがある!

オンライン講座も絵画教室も、それぞれ違った特徴と良さがあります。

その為、どちらが自分に合っているかをメインに考えてみるのが良いでしょう◎

この記事が皆様の参考になれば幸いです。

i-MY(あいまい)

ここまで読んで頂きありがとうございます。ぜひ他の記事も読んでみてね。

えあにゃん

勉強頑張ろうな〜。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
i-MY (あいまい)
油絵やアクリル、デジタル絵描き/イラスト書籍・製品レビューは全て実際に読んだものや体験・使用したものを記事にしています/イラスト歴は約3年/田舎住まいののんびり絵描きです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次