XP-PEN artist12proを10ヶ月使ってみた感想【レビュー】

目次

中華タブレットってどうなの?

お悩み相談者

液タブで絵を描いてみたいけれど、どんなものを買えばいいんでしょうか。

i-MY(あいまい)
一般的に日本製のWacom、その他HUION,GAOMONといった中華タブレットの二つが主流だけど「費用を抑えたい」「試しに使ってみたい」場合は中華タブがお勧めだよ。
お悩み相談者
でも、使ってみてすぐ壊れてしまったらどうすればいいのでしょうか。
i-MY(あいまい)
Amazonの商品は殆どが返品可能だから安心してね。ただし、未開封・未使用の場合と使用した上でのトラブルは会社によって返金額が変わる可能性もあるから最初によく調べておいてね。

中華タブレットは基本的に安価でコスパが良いですが、その一方でWacomに比べるとサポートに不安があったり品質に問題があったりという事も少なくはありません。もし、そのような場合があったら遠慮せず返品手続きや販売元へ連絡してみましょう。

しかし、必ずしも悪い点ばかりではなく価格が安いことでWacomに比べ画面の大きなタブレットを買えたり、またセールもよくしているためより安価で購入出来ることもあります。

この記事はこんな人におすすめ

  • 安価な液タブを探している
  • xp-pen artist12proの使い心地を知りたい
  • 実際に使ってみた感想が気になる

Xp-PEN artist12 Proを使用した感想

良かった点

拡大と縮小が楽

リングホイールという赤い円状のリングが端に付いており、回すと簡単に拡大・縮小が出来ます。これはとても便利でタップ操作より楽に使えます。画面が11.6インチと少し小さく拡大・縮小を頻繁に使うため私もよく使用していました。直感的に操作を行えますし、XP-PEN artist12proユーザーの中でもこの機能は人気です。

安価で購入出来る

価格が安く、手に入れやすいお値段です。

Wacomでは5万,6万と値が張るもののこちらは三万円以内で購入する事が出来ます。

(それでも、初めて購入する方は躊躇してしまいますよね..。私も当初そうでした。)

セールや10%オフクーポンがついていたり、時期によって価格が変わってくるためタイミングをみて購入してみるのもいいでしょう。

Amazonではクリスマスや正月といったイベント時期によくセールをしています。(私はAmazonで購入しました。)

視差が少ない

視差が少なく、書いた通りに線がきちんと引けます。(ただし、バグも多い為この点は後程補足します)

因みに視差というのは、ペンで描いた場所と実際の描画場所がズレる事です。

正しくは、ペンが触れた箇所(青い丸)に描画されるべきなのですが、視差が酷いと黒丸のようにペンが触れた箇所よりずれて描画されてしまいます。

i-MY(あいまい)
昔は視差も酷かったようですが、現在は技術が上がり中華タブもそういった不具合が少なくなりました。もしも、視差が気になる・不安という方もそれほど心配する必要はないでしょう。

悪かった点

画面が映らなくなる

接続が非常に不安定で、No Signal,powerseving (接続なし、電力制御)という画面が表示される不具合が高頻度で起きていました。

これといった原因が分からず何時間も格闘する羽目になったため、とてつもなく気力を消費しました。

口コミをみると同じような意見が多々見受けられた為、質の悪さが原因だったのかもしれません。但し中華タブ全般がそうなのかというとそんな事はなく、同じく中華タブ製品GAOMONPD2200では殆どそういった不具合は起こりませんでした。

因みに、もしその画面が表示された際は一度電源を抜き、その後抜き差しした後、PCを再起動させ立ち上がる寸前に液タブの電源を入れてみてください。

個人的には四割ほどの確率で直りました。(原因が分からない為何が正解なのか分かりませんが..。)

寸前というのは通常立ち上げた際にPCトップ画面が現れるかと思いますが、それが表示されるおおよそ十数秒前です。

急な不具合

急にエクスプレスキー(ショートカットキー;左端のボタン)が使えなくなることがあり、設定しておいた機能が使えずかなり不便を感じました。

何故か突然、押しても無反応になることがありこちらも原因が分からずじまいで最初から設定し直したりと大分手間が掛かってしまいました。

中華タブは当たりはずれが激しいというので私の場合は外れだったのかもしれません。一台目でしたので、「こんなもんか..。」と思っていましたが、もし使用してみておかしいなと感じる事が多くあった場合連絡して返金して貰いましょう。

トラブルが起きると解決が大変

トラブルが起きた際に、解決策が見つけづらい。

大抵の方は、トラブルが起きた際まずネットで検索するかと思います。

その際に情報が少ないと求める解決策が見つからない、解決できないという事態に陥ってしまいます。私の場合はNo Signalで画面が映らず、困った際上手くヒットせず大変でした..。

その為不安な方はやはりWacomの方が情報も多くサポートも充実しています。

i-MY(あいまい)
解決策が見つからない時はかなり絶望感に見舞われますよね。

四つ目

良かった点で、視差が少ないと言いましたが時折唐突に視差がかなり酷くなることがありました。

その他、細かな不具合でいうと「描画できない」「タッチしても無反応」「線が勝手に太くなる」などがありますが、これにはある一定の原因がありました。

それは、何かというと一つ目はコードの差し込みの緩み、またCLIP STUDIOを開きっぱなしで長時間放置するということです。

この場合は、一度ソフトを閉じて再起動すると大抵の場合は直りますのでご安心ください。(どちらかというとソフトの問題かもしれませんね。)

部品の不具合

安価な為か、部品が脆いです。

約10ヶ月使用しましたが半年くらいで差込口の銀色の部分が抜けてきてしまい、動作に問題はありませんでしたが少々差し直す度に不便でした。(↓外側の部分)

<その他のオススメ記事>

リアルなデッサン人形!画力を上げるならシームレス人形がオススメ
【塗りの技術が爆上がりした参考書】色塗りチュートリアルをレビュー

まとめ

多々、不具合がありましたが個人的には初めての液タブで愛着のある一台でした。

Amazonでの購入でも返品制度や1年サポートがついているので安心ですが、個人的には余りお勧めしません。やはりそれなりに不便が多かった為、もし違う液タブを使っていた経験がある方は特に「使いずらい!」といった感想を抱いてしまう可能性もあるでしょう。(※あくまでも個人の感想です)

i-MY(あいまい)
私は結局メルカリで売っちゃった。

えあにゃん
売れたのか?

i-MY(あいまい)
一晩で売れたよ。凄いね、メルカリ。
i-MY(あいまい)
この記事が皆様のお役に立てたのならば幸いです。他にも正直レビューで製品のご紹介をしているので良かったらそちらも読んで頂けると嬉しいです。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
i-MY (あいまい)
油絵やアクリル、デジタル絵描き/イラスト書籍・製品レビューは全て実際に読んだものや体験・使用したものを記事にしています/イラスト歴は約3年/田舎住まいののんびり絵描きです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次